3Dアバター作成

MakeAvatarレビュー|使い方やVRChatへのアップロードについて解説

MakeAvatarのレビューや使い方
  • スマホで簡単に3Dアバターをつくりたい
  • MakeAvatarの使い方を知りたい
  • MakeAvatarの評価は?

スマホで3Dアバターを制作できるアプリは数えるほどしかありません。

MakeAvatarは、パーツを選ぶだけで簡単に3Dアバターを制作できるスマホアプリで、有名アニメともコラボしています。

しかし、発展途上のサービスなので詳しい情報が公開されていません。

本記事では、MakeAvatarの使い方やサービス内容について、実際に使ってみた感想を含めて紹介します。

MakeAvatar(メイクアバター)

MakeAvatar(メイクアバター)

Gugenka Inc.無料posted withアプリーチ

MakeAvatarでできること

MakeAvatarのアバター画像

MakeAvatarとは、株式会社Gugenkaがリリースしている3Dアバターを制作できるスマホアプリです。

2022年6月時点では、PC用サービスはリリースされていないためスマホ限定のサービスです。

オリジナルのミニキャラクターをはじめとした4種類の3Dアバターを制作できます。

完成したアバターはVRChatや各種制作ソフトにアップロードでき、実際にVRSNSで利用できます。

作成できるアバターの種類

MakeAvatarで作成できるアバターは4種類です。

  • 化体(8等身)
  • ちび化体(3等身)
  • 極ぽり
  • モチポチ

化体は8等身の一般的なアバターですが、ちび化体はMakeAvatarでしか再現できない3等身のミニキャラです。

極ぽりとモチポリはアニメやサンリオとのコラボアバターとして用意されているため、実際にカスタマイズできる要素はほとんどありません。

連携できるサービス

MakeAvatarで作成したアバターは、以下の連携サービスにアップロードできます。]

  • VRChat
  • VRoid Hub
  • バーチャルキャスト
  • THE SEED ONLINE
  • DOOR

VRSNSで連携しているサービスはVRChatだけです。

VRoid HubやTHE SEED ONLINEはアバターを閲覧するサービスなので、実際にアバターを動かせるわけではありません。

詳しい連携方法は、以下の公式ガイドを参考にしてください。

⇒ MakeAvatarの遊び方

MakeAvatarでアバター作成する方法4ステップ

MakeAvatarでつくれるアバターの種類

MakeAvatarでアバターを作成する方法は以下の4ステップです。

  1. アプリをダウンロード
  2. アバターの種類を選ぶ
  3. バーツや色を選ぶ
  4. アップロード

MakeAvatarは、アバターの種類とパーツを選ぶだけで簡単に3Dモデルをつくれます。

具体的な手順を紹介します。

1.アプリをダウンロード

MakeAvatar(メイクアバター)

MakeAvatar(メイクアバター)

Gugenka Inc.無料posted withアプリーチ

まずは、MakeAvatarのアプリをダウンロードします。

AppStoreとGooglePlayストアのどちらにも対応しています。

各ストア内で直接検索してもヒットするので、好きな方法を利用してください。

2.アバターの種類を選ぶ

アプリを起動したらアバター選択画面に移行します。

アバターの種類はスライドで変更できるので覚えておきましょう。

アバターを選択したら「はじめる」をタップしてください。

3.バーツや色を選ぶ

アバターの編集画面に移行したらパーツや色を選択します。

髪や目といった顔パーツを中心に編集しましょう。

4.アップロード

アバターが完成したらアップロードボタンを押します。

化体はVRChatに対応していません

アップロードできるサービスは、アバターの種類によって変わります。

また、アップロードする際にはXMarketアカウントが必要なので覚えておきましょう。

XMarketと連携してコラボ衣装を使う方法

XMarketのトップ画面

MakeAvatarでは、同社のサービス「XMarket」と連携してコラボ衣装を利用できます。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. XMarketで購入
  2. MakeAvatarでログイン
  3. アップロード

XMarketでは、進撃の巨人やリゼロ、初音ミクといった有名タイトルとコラボしていますが、MakeAvatarでの改変はできません。

MakeAvatarで編集できるコラボアバターは少なく、期待しているような活用はできないため注意しましょう。

MakeAvatarのレビュー

MakeAvatarのレビュー

実際にMakeAvatarを利用してみたので、使用感や問題点を紹介します。

結論としては、MakeAvatarは2022年6月時点では3Dアバター制作ソフトとしては利用できません。

具体的な理由は以下の通りです。

パーツ素材が少ない

MakeAvatarはパーツ素材が数えるほどしかありません。

パーツが最も多い「ちび化体」ですら、顔パーツ12個と目パーツ4個しかまともに編集できる項目がないためパターンが限られます。

色は自由に変えられますが、アバター制作を目的としている方にとってはかなり物足りないですね。

有名アニメとのコラボキャラを使えない

有名アニメやVTuberとコラボしたアバターが公開されていますが、実際に改変できるアバターは一握りです。

イベントや観賞用として利用できるものの、権利の関係で実際に編集やアップロードができないのは残念なポイントでした。

とはいえ、リリースされて日が浅いサービスなので、今後のアップデートに期待しましょう。

VRChatへのアップロードが有料

MakeAvatarからVRChatへアップロードする際には、有料のチケットを購入しなくてはいけません。

3Dアバターを求めている方の多くは、VRChatを中心としたVRSNSでの使用が目的です。

VRChatへのアップロードが有料であれば、別のサービスを使って制作したくなってしまいますね。

まとめ:MakeAvatarは発展途上の3Dアバター制作アプリ

本記事では、スマホで3Dアバターを制作できるアプリ「MakeAvatar」について紹介しました。

スマホで利用できて有名アニメとのコラボもしていますが、リリースされたばかりでまだまだ実用的ではありません。

とはいえ、開発元の株式会社Gugenkaは多くの有名VRイベントを手掛けており、コラボ相手も含めてVR関連の十分な実績があります。

コラボアバターも、元々はイベント専用で制作しているものです。

さらなるアップデートで、MakeAvatarが実用化できることを期待しましょう。

MakeAvatar(メイクアバター)

MakeAvatar(メイクアバター)

Gugenka Inc.無料posted withアプリーチ

おすすめ記事

VTuberのなり方 1

VTuberになるための方法は複数ありますが、誰もが自分にあった最適な手段をみつけられるわけではありません。本記事ではスマホだけでVTuberになれる方法や個人勢VTuberになる方法など、予算や機材に合わせて幅広く紹介しているので参考にしてください。

VTuber依頼の料金相場を調査 2

本記事では、VTuber制作を依頼の相場を解説しています。4つのサービスから合計574個の出品を調査し、工程ごとの相場を計算しました。Live2Dモデルはもちろん3Dモデルの依頼相場や注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

3Dモデル作成ソフト5選 3

本記事では、VTuberやVR用のアバターを自作したい方におすすめの3Dモデル制作ソフトを紹介しています。パーツや色を選ぶだけのソフトばかりで、初心者でも簡単にアバターをつくれてしまいます。スマホで使えるアプリもあるので、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

VTuber向けおすすめライブ配信アプリ10選 4

最も簡単にVTuber配信できる方法がライブ配信アプリです。機材やアバターを事前に用意する必要がないため、デザイン知識やお金がなくてもスマホ1台でVTuberデビューできます。記事内ではおすすめのアバター配信アプリについて紹介しているので参考にしてください。

VTuberアバターの制作ツール一覧 5

本記事では、VTuber用アバターの作り方やおすすめソフトについて解説しています。2D・3Dアバターの作成手順はもちろん、無料でアバター入手する方法や初心者におすすめのアバターまで総合的に紹介しているのでぜひ参考にしてください。

-3Dアバター作成