3Dアバター作成

VTuber向け3Dモデル作成ソフト5選|初心者がVRMアバターを入手する方法

3Dモデル作成ソフト5選
  • 企業VTuberみたいなアバターで配信したい
  • 初心者でも3Dモデルをつくれる方法を探している
  • VRで使えるアバターが欲しい

VTuber配信やVRを楽しみたい人は3Dモデルが欲しくなるもの。

専門知識や絵心がなくてもアバターを作成できる方法を探しているのではないでしょうか。

アバター作成の依頼もできますが、お金を節約するためにも簡単に自作できたら嬉しいですよね。

リリースされているソフトの中にはパーツを組み合わせるだけのものもあるので、デザインやモデリングに触れたことがない初心者にとっても使いやすくなっています。

  • VRoid Studio
  • カスタムキャスト
  • MakeAvatar
  • セシル変身アプリ
  • Blender

本記事では、3Dアバターを作成できるソフトから上記の5つ紹介します。

無料で利用できるものばかりなので、ぜひ利用してみてください。

3Dアバターの主な利用方法

3Dアバターの主な用途の図解

3Dアバターの利用方法は1つではありません。

近年メジャーな使い方は以下の3つです。

  • VTuber配信
  • VRSNS
  • PCゲーム

本記事で紹介している方法は個人利用の範囲に限定しています。

アニメーション映画や企業のPRでも3Dキャラクターを見かけますが、個人利用の範囲外なので項目に含めていません。

1.VTuber配信

3Dアバターの最も有名な利用方法はVTuberです。

企業勢VTuberの配信や音楽ライブでは3Dアバターが利用されています。

配信するためには、アバター以外にモーションキャプチャーソフトが必要です。

モーションキャプチャーソフトとは、自分とアバターの動きをリンクさせるために必要な機材です。

VTuberの配信で使われるアバターはLive2Dモデルだけだと思われがちですが、3Dアバターを用いることもあります。

Live2Dモデルの方が一般的ですが、作成に必要な技術や3Dアバターを簡単に作れるソフトが登場したことから、少しずつ3Dアバターで配信する方が増えています。

3DとLive2Dの違いをいまいち想像できないんだよね……。

ふみまる
アイちゃん

例えば、キズナアイちゃんは3Dアバターで活動していたよ!普通の配信で見慣れているのはLive2Dアバターだね!

3Dアバターは立体的な動きを再現できますが、企業VTuberのような本格的な配信には専用のスタジオが必要です。

普段の配信はLive2D、アバターをよりリアルに動かしたい場合はVRを使った3D配信といったように使い分けるとよいでしょう。

2.VRSNSで利用

近年注目されている3Dアバターの利用方法がVRです。

以下のように、VR空間でのコミュニケーションや体験ができるサービスを総称してVRSNSと呼んでいます。

  • VRChat
  • Cluster
  • NeosVR
  • バーチャルキャスト

VRSNSにおいて、アバターは1つの人格として認められています。

アニメのキャラクターのように、アバターと声がセットで印象付けられるのです。

そのため、自分を投影するためのオリジナルアバターを求める方が増え、簡単に3Dモデルを作成できるソフトが頻繁に使われるようになっています。

3.ゲームにアップロード

1部の個人作成されたゲームでは、自作した3Dアバターをゲームの主人公として利用できます。

面白い試みではあるものの、自作キャラクターをアップロードできるゲームは数えるほどしかなく、技術的な難しさを感じます。

今後の展開に期待したいですが、すぐに普及することはないでしょう。

3Dアバターを使った1つの楽しみ方として、ぜひ体験してみてください。

VTuber向け3Dモデル作成ソフト5選

VTuberやVR用のアバター作成ソフトの一覧

3Dモデル作成ソフトを使えば、VTuberやVRで使用するアバターを簡単につくれてしまいます。

パーツや色を選んでいくだけのものが多いので、初心者でも利用できます。

今回紹介するソフトは以下の5つです。

  • VRoid Studio
  • カスタムキャスト
  • MakeAvatar
  • セシル変身アプリ
  • Blender

いずれもVTuber向けのソフトにしぼって紹介しています。

自分でアバター作成したい方は、どれかを選んで使ってみてください。

1.VRoid Studio(ブイロイドスタジオ)

VRoidStudioのロゴ画像

VRoid Studio」は、3Dモデル作成ソフトの中で最も人気があります。

PC専用のソフトで、パーツを選んでパラメーターを調節するだけの簡単操作が特徴です。

プロのデザイナーも使っているソフトで、VTuberやVR用のアバター作成において幅広い層に重宝されています。

ポイント

BOOTHというサイトにはVRoid Studio専用のパーツが出品されているため、標準搭載されていないパーツを使ってデザインするのもおすすめです。

無料でダウンロードできるので、まずはVRoid Studioから始めてみてください。

\プロも愛用する3Dアバター制作ソフト/

VRoid Studio【公式】はこちら

初心者でも本格アバターを作成しよう!

参考 初心者向けVRoid Studioで3Dモデルをつくる方法

2.カスタムキャスト

カスタムキャスト

カスタムキャスト」は、スマホだけでアバター作成できるスマホアプリです。

つくったアバターをニコニコ生放送やYouTubeにアップロードできるため、スマホだけでVTuberになりたい方には最もおすすめのアプリといえます。

しかし、VR用に出力するためには月額550円の有料会員にならなくてはいけません。

とはいえ、アバター作成から配信までサポートしてくれるカスタムキャストは、完成度が高く初心者でも使いやすいアプリです。

\スマホだけでアバター作成から配信まで完結/

カスタムキャスト【公式】はこちら

500万ダウンロードを突破した人気アプリ

参考 カスタムキャストを使ってスマホだけでVTuberになる方法

3.MakeAvatar(メイクアバター)

MakeAvatarのロゴ画像

MakeAvatar」は、カスタムキャストと同じくスマホだけで3Dアバターを作成できます。

主にイベント用のキャラクターを配布するアプリとしてサービスを開始していたため、オリジナルアバターの作成には向いていません。

とはいえ、進撃の巨人や初音ミクといった大人気作品とコラボしたアバターが配信されているため信頼性や将来性は抜群です。

有名アニメのコラボキャラクターを使って遊んでみたい方は、チェックしてみてください。

\スマホで3Dアバターを作成/

MakeAvatar【公式】はこちら

イベント専用キャラクターで遊んでみよう!

参考 MakeAvatarを使ってみたので正直にレビュー

4.セシル変身アプリ

セシル変身アプリ

セシル変身アプリ」は、スズキセシルさんというVTuberが個人開発した3Dアバター作成ソフトです。

主にVRで使いたい人向けにリリースされています。

パーツを組み合わせるだけの簡単操作に加え、有料の素材集や追加ソフトを購入すればランダムでアバターを生成できる優れものです。

基本ソフトは、公式ファンクラブに入会するだけで無料ダウンロードできます。

\パーツを選ぶだけでVR用アバターが完成/

セシル変身アプリ【公式ファンクラブ】はこちら

初期費用も月額費もかからない完全無料ソフト

5.Blender(ブレンダー)

Blenderのロゴ画像

Blender」は、VTuber作成以外でも利用されている3Dモデリングソフトです。

本格的な操作やデザイン知識が求められるため、初心者が扱うのは簡単ではありません。

プロのデザイナーが使っているソフトなので、アバター作成や3Dモデリングを本格的に学びたい方におすすめです。

ダウンロードは無料なので、講座動画を見ながら一度触ってみるのもよいでしょう。

\プロも愛用する3Dモデリングソフト/

Blender【公式】はこちら

本格的なアバターをつくるならこれ一択!

3Dモデルを作るならVRM対応がおすすめ

3DアバターをつくるならVRM形式がおすすめ

これから3Dモデルの作成を検討している方は、VRM形式で出力できるソフトがおすすめです。

VRMとは、3Dアバターの統一規格の名称で多くのプラットフォームで利用できます。

サービスごとにアバターをつくらなくてもいいってこと?

ふみまる
アイちゃん

その通り!VRMなら対応しているプラットフォームで同じアバターを使い回せるんだよ!

例えば、あるゲームで作ったお気に入りのキャラクターを別のゲームでも使えるようになったら嬉しいですよね。

VRMを使うことで、アバターをネットにおけるもう1人の自分として確立させられます。

近年は、各プラットフォームでVRMに対応する動きが活発になっています。

記事内で紹介しているサービスはVRMで出力できるので、3Dアバターを作る際に参考にしてください。

まとめ: 3Dモデル作成ソフトを使えば知識がなくてもアバターをつくれる

本記事では、VTuberやVR用の3Dモデルを直感的に作成できるソフトを紹介しました。

近年はアバター作成に特化したソフトがいくつも開発されているため、モデリングの知識がなくてもアバターをつくれてしまいます。

記事内で紹介した制作ソフトは以下の5つです。

  • VRoid Studio
  • カスタムキャスト
  • MakeAvatar
  • セシル変身アプリ
  • Blender

いずれもVRM形式でアップロードできるため、今後も重宝されていくでしょう。

プロの作品に比べるとクオリティは下がるものの、ゲームのアバターをつくるような感覚で使えるのは大きなメリットです。

VTuberやVRのために3Dモデルを探している方は、ぜひ利用してみてください。

おすすめ記事

VTuberのなり方 1

VTuberになるための方法は複数ありますが、誰もが自分にあった最適な手段をみつけられるわけではありません。本記事ではスマホだけでVTuberになれる方法や個人勢VTuberになる方法など、予算や機材に合わせて幅広く紹介しているので参考にしてください。

VTuber依頼の料金相場を調査 2

本記事では、VTuber制作を依頼の相場を解説しています。4つのサービスから合計574個の出品を調査し、工程ごとの相場を計算しました。Live2Dモデルはもちろん3Dモデルの依頼相場や注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

3Dモデル作成ソフト5選 3

本記事では、VTuberやVR用のアバターを自作したい方におすすめの3Dモデル制作ソフトを紹介しています。パーツや色を選ぶだけのソフトばかりで、初心者でも簡単にアバターをつくれてしまいます。スマホで使えるアプリもあるので、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

VTuber向けおすすめライブ配信アプリ10選 4

最も簡単にVTuber配信できる方法がライブ配信アプリです。機材やアバターを事前に用意する必要がないため、デザイン知識やお金がなくてもスマホ1台でVTuberデビューできます。記事内ではおすすめのアバター配信アプリについて紹介しているので参考にしてください。

VTuberアバターの制作ツール一覧 5

本記事では、VTuber用アバターの作り方やおすすめソフトについて解説しています。2D・3Dアバターの作成手順はもちろん、無料でアバター入手する方法や初心者におすすめのアバターまで総合的に紹介しているのでぜひ参考にしてください。

-3Dアバター作成